看護師 妊娠 夜勤 いつまで

看護師は妊娠後、いつまで夜勤するべき?夜勤免除のタイミングは?

「看護師は妊娠後、いつまで夜勤するべき?【※夜勤免除の期間は?】」がイメージ出来る画像01

 

看護師と言うハードな仕事、結婚後予定通り妊娠したとして、その後の働き方については悩む所です。初産の場合は無事に子供が生まれるように体を動かしている方が良いと言う話もあれば、出来るだけ流産しないように安静にした方が良いと言う声も聞きます。

 

このような理由から、妊娠後の働き方に関して悩んでいる看護師は多いようです。実際に大手掲示板サイトやQ&Aサイトなどを見てみると・・・

 

「看護師ですが、妊娠後夜勤などは控えた方が良いでしょうか?」
「妊娠後、夜勤免除のタイミングっていつ頃が良いですか?」
「看護師が夜勤を続ける事で、流産する可能性って高まりますか?」
「看護師は妊娠後、働かない方が良いのでしょうか?」

 

上記のように悩んでいる出産予定の看護師さんが沢山いる事が分かりました。もしかするとあなたも今現在妊娠中で、今後の働き方に関して悩んでいるのかもしれませんね。

 

そこで当記事では、≪看護師の妊娠後の働き方≫についてまとめてみましたので、是非上記一つでも同じような悩みをお持ちでしたら、参考にしてもらえればと思います。


看護師の妊娠後の夜勤まとめ!

では早速、看護師が妊娠した場合、その後の夜勤や働き方に関してどのようにすればいいか?について、よくある疑問と回答をまとめましたので、ご参考頂ければと思います。

妊娠後の夜勤はみんな控えているの?

妊娠後の夜勤に関しては、流産が心配で控えたいと考える人もいますが、今まで妊娠・出産を経験した周りの看護師が、夜勤免除を取得していない場合、当たり前のようにそのまま働く事も少なくないようです。

 

病院によっては、以下の様に分類されます。

夜勤免除の制度自体がない
夜勤免除の制度はあるが、取得実績がない(又は少ない)
夜勤免除の制度があり、先輩ママナースも取得している

と言う様に、実際に制度自体があるかないかによっても変わってきますが、制度自体があっても、周りの先輩看護師が取得せずに出産したケースがほとんどの場合は、取得したくても中々しにくいようです。

 

夜勤免除のタイミングと取得の方法は?

もし夜勤免除をお願いする場合、そのタイミングと取得方法に関しては迷う所ではないかと思います。

 

実際に今までに夜勤免除を取得した人のケースを確認すると、

夜勤免除のタイミングを医師に相談する
医師に夜勤免除の診断書を書いてもらう

と言う場合がほとんどです。あまりに悪阻(つわり)がひどかったり、貧血や腰痛がひどい場合は、いくら周りの看護師が夜勤免除をしてこなかったと言っても、普通に働くのは苦痛で仕方ありません。

 

肉体的にもそうですが、精神的にも負担が大きくなると胎児にも影響を及ぼすので、少しでもしんどいと思えばすぐに医師に相談し、夜勤免除の診断書を書いてもらうのがオススメです。

 

夜勤をすると流産しやすいって本当?

看護師の夜勤と流産の関係についてですが、「2013年度看護職員労働実態調査」を参考に見ると、以下のような結果が公表されていました。

「看護師の妊娠と夜勤、流産に関して」がイメージ出来る画像01

 

上記のデータを見ると、働きながら”順調”だと感じていた人が30%にも満たない数値である事と、切迫流産が3人に1人(29.8%)、流産が10人に1人(9.2%)と言う結果が出ています。

 

更に、日本労働組合総連合会が2015年2月に公表したデータ、「働く女性の妊娠に関する調査」によると、以下のようなデータが公表されています。

「看護師の妊娠と夜勤、流産に関して」がイメージ出来る画像02

 

こちらのデータを分かり易くまとめると、

夜勤や深夜残業などの泊まり勤務があった人の流産率が高い
立ったまま仕事をする事が多かった人の流産率が高い
肉体的・精神的に負担が掛る仕事は流産率が高い

と言う結果が分かります。

 

この事から、立ったまま仕事をする事が多く、また夜勤なども続ける可能性が高い看護師の場合一般の女性労働者よりも更に流産の可能性が高まるかもしれません。

 

看護師は妊娠後働かない方が良いのか?

看護師の妊娠後の働き方に関しては、全く働かないとお腹の子供も下に落ちてこないので、すぐに休職する必要はないかと思います。

 

適度な運動をしている方が胎児の成長や出産にも良いと言う声も多く、また出産後色々とお金がいる事を考えてもギリギリまで働きたいと考える人も少なくありません。

 

実際に以下のデータでもわかる通り、妊娠後の看護師で夜勤免除の措置を受けた人は3人に2人(65.5%)の割合だと言うデータもあります。

「看護師の妊娠と夜勤、流産に関して」がイメージ出来る画像03

 

ただ、上記で紹介したように、夜勤などの負担が大きい仕事を続けると流産の可能性も高まりますので、自身の体調と相談し、あまりにしんどい場合や、精神的に苦痛な場合は早めに医師に相談し診断書を書いてもらった上で夜勤免除や残業免除などの措置を受けた方が良いかと思います。

 

妊娠後は休職か退職、どっちが良い?

上記を考えると、妊娠した際にしっかりと夜勤免除が取得出来たり、育児休暇後働きやすい職場であれば退職する必要はありません。

 

しかし、

夜勤免除の取得実績がない
夜勤免除が取得しにくい雰囲気がある
育休後の復職支援が充実していない
既に職場の人間関係や給与、勤務体系で不満がある

と言う場合には、胎児への影響や、身体的負担などを考えても退職し、復職の際に新しい職場を探す方が良いかと思います。

 

まずは自分の体調をしっかりと見ながら、働いている環境なども考慮し、休職か退職かを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

看護師の妊娠後の夜勤に関しては、働いている病院や周りのスタッフによって、その後の働き方が変わってしまうかもしれません。しかし一番大事なのは胎児の健康と自分自身の生活です。

 

あまり周りに合わせて無理をしてしまうと、流産になった場合などは後悔する事になるので、その辺も良く考えた上で医師と相談し、今後の働き方に関して慎重に決定される事をオススメします。

「看護師転職サイトランキング!」がイメージできる画像01
「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像02 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像01

看護師は妊娠後、いつまで夜勤するべき?【※夜勤免除は可能?】関連ページ

看護師の体調不良の悩み
看護師の体調不良について、体調管理の方法や欠勤しても大丈夫か?退職を考える人はいるのか?などについてまとめています。病院内の人間関係や日々の業務で体調が悪くなって悩んでいる人は一度目を通してみてください。同じような悩みを持つ看護師の意見や体調管理などをまとめています。
三交代勤務の看護師まとめ
看護師のシフトとして、日勤のみの勤務形態以外はほとんどで三交代勤務と二交代勤務があります。この2つについて、給料が良いのはどちらか?また家庭との両立をしやすいのはどちらか?などを比較して紹介しています。それぞれのメリット、デメリット、シフト形体などを踏まえて考察し、実際に勤めている看護師の意見を元に紹介しているので、是非参考にしてもらえればと思います。
看護師の結婚報告時期は?
毎日忙しい看護師の仕事、いきなり結婚の報告を上司や先輩に言うと、円満に辞めれなくなる可能性もあります。結婚式の出席の事などもあるし、いつのタイミングで結婚の報告をしようか迷う看護師も少なくありません。そこで、当記事では、看護師の結婚報告の時期に関してまとめてみました。近いうちに結婚を控えている方は是非参考にしてみてくださいね。
中堅看護師の悩みとストレス
中堅看護師に多い悩みについて、ストレスでうつ病にならない為の対策などをまとめてみました。今現在看護師経験が3年以上10年未満の中堅看護師は、新人や管理職にはない悩みを持っています。他の一般的な看護師の悩みや、その解決法などを知る事で、あなたの悩みも解決するかもしれません。是非ご参考頂ければと思います。
看護師の夜勤バイトまとめ!
看護師の夜勤バイトについてまとめてみました。給料に満足いかない人や、何か目標や目的があって貯金したい人などは夜勤のバイトも検討するかと思います。そんな看護師へ向けて、夜勤バイトは働いている病院にばれないか?夜勤バイトの相場は?など気になる疑問をまとめました。是非ご参考下さいね。
残業代の平均相場は?
同じ看護師でも働く事業所や病院、クリニックによって大きく残業代が変わります。今回は気になる看護師の残業代の平均相場や、残業代が出ない場合にどうすればいいか?などをまとめてみました。給与面の中でも特に残業代に不満がある方は是非一度目を通してみてください。あまりにも残業代が低い場合は転職を考えた方が良いかもしれません。
結婚後は専業主婦の方がいい?
結婚予定がある看護師にとって、結婚を機に専業主婦になるか、そのまま働き続けるかは迷う所です。家庭の事を考えると専業主婦になる方が良い気もするし、資格取得の苦労を考えると、そのまま働き続ける方が良いような気もします。そんな結婚後の身の振り方に迷っている看護師さんに向けて、上記の内容をまとめましたので、是非ご参考頂ければと思います。
中堅看護師の役割と負担
看護師歴もある程度の年数を重ねると、中堅看護師と呼ばれ、日々の業務に加えて新人指導なども行わなければなりません。今回はこの中堅看護師に注目してまとめてみました。特に中堅看護師に求められるものや役割、かかってくる負担ややりがいについてまとめているので、是非勤務して、3〜10年程の看護師さんはチェックしてみてくださいね!
先輩看護師との関係の築き方
新人看護師にとって、先輩やプリセプターとの付き合い方は、今後仕事をしていく上で非常に重要なポイントとなります。特にこわい先輩には「どのように接すれば良いのか?」、「どうすれば良い関係を築けるのか?」と悩む人も多いかもしれません。そこで当記事では、怖い先輩看護師との関係についてまとめてみました。良い関係を築く為にも是非チェックしてみてくださいね。
看護師の残業と子供との時間
看護師と言えば、夜勤、残業が当たり前のように思われてしまいます。しかし子供がいる親の立場からすると、夜勤や残業の為に子供と過ごす時間もなくなり、家庭と仕事を両立するのは簡単な事ではありません。そこで今回は、看護師の残業と子供との時間に関してまとめてみました。また、残業が少ない科なども調べてまとめてみましたので、是非ご参考頂ければと思います。
子育てしながら続けられる?
結婚や出産を機に看護師を辞める人はいますが、出産後に復職を考える人も少なくありません。そんな時に不安になるのが『子供を育てながら看護師が出来るか?』と言う点ではないでしょうか。パートとして働くか?それとも夜勤や残業のない所を選ぶか?また、子供の体調不良時の欠勤についてもまとめてみましたので、是非ご参考頂ければと思います。
看護師の結婚後の働き方!
看護師の結婚後の働き方に関しては様々な選択肢がありますが、夜勤がない所の方が良いのか?そもそも正社員としてではなく非常勤として働く方が良いのか?については迷う所です。結婚するからには家庭と仕事を両立させたいと考える所・・・。そこで当記事ではこれらについて詳しくまとめてみました。興味がある方は是非参考にしてもらえればと思います。
看護師の結婚相手と相性
一般の看護師の結婚相手としては、どんな人が相性が良いのか?また忙しくて生活が不規則な看護師の出会い方や結婚相手の見つけ方は?などについてまとめました。今現在結婚願望が強いのに相手がいない看護師の方は是非参考にしてもらえればと思います。看護師なら気になる医師との結婚に関しても説明しています。
看護師の婚活まとめ!
看護師の婚活に関して、婚活パーティーや婚活サイトの利用、また出会いについてをまとめてみました。今現在彼氏と別れて出会いがないと嘆いている看護師の方や、これから婚活をしようと考えている方は是非参考にしてもらえればと思います。
患者さんとの信頼関係の築き方
看護師をしているとコミュニケーション能力や対話が重要だと言う事が良く分かりますが、そもそもコミュニケーションを取るのが苦手な場合、患者さんとの信頼関係はどのようにして構築すれば良いのか?は迷う所です。そんな悩みを抱える看護師に向けて、患者さんとのコミュニケーションに役立つ情報をまとめて紹介しています。
先輩看護師との付き合い方
看護師の職場は女性が多いと言う事もあり、先輩看護師とうまくいかないケースも少なくありません。人間関係が悪いと仕事自体は好きでも中々行く気になれなかったり、理不尽な事で怒られると仕事のやる気もなくなってしまいます。そんな先輩看護師との人間関係に悩む看護師へ向けて、良くあるケースとその対処法についてまとめてみました。是非ご参考頂ければと思います。
人間関係が最悪で辛い場合は?
看護師の中でも人間関係に悩まされている人はかなりの数いるかと思います。特に人間関係が最悪な職場の場合転職も考えてしまいますが、転職すべきか?耐えるべきか?については悩んでしまう所です。そこで当記事では≪看護師の人間関係と転職≫についてまとめてみましたので、是非ご参考頂ければと思います。
苦手な人との夜勤の過ごし方
看護師の悩みとして多い人間関係ですが、特に苦手な人との勤務や夜勤は精神的にも肉体的にもしんどくなってしまいます。そこで今回は、そんな苦手な人との仕事の仕方や夜勤の過ごし方についてまとめてみました。今現在職場に苦手な人がいて、今後仕事するのが億劫だと言う場合は、是非一度目を通してもらえればと思います。
会話が苦手な看護師は必読!
看護師でも元々口下手で話すのが苦手な人は少なくありません。中には「他のナースはハキハキとしゃべって楽しそうに会話しているのに、何で私だけ出来ないんだろう・・・」と思ってしまうかもしれません。と言う訳で、今回はそんな人でもコミュニケーション能力が上達する会話術をまとめてみましたので、是非ご参考頂ければと思います。
看護師の睡眠不足の理由は?
慢性的な睡眠不足に陥り易い看護師の仕事、その睡眠不足の理由と対策に関してまとめてみました。睡眠障害が出た場合はどうすれば良いか?等についても解説していますので、今現在看護師をしていて、睡眠に関して悩んでいるのであれば、是非ご参考頂ければと思います。
看護師と医師の人間関係!
看護師は、患者さんだけでなく他の看護師や医師とのコミュニケーションもしっかりと取らなければいけません。人間関係が上手く行っていない職場では、ストレスが溜まり易い上に、仕事の雰囲気も悪くなってしまい、毎日通うのが億劫になってしまいます。そこで、看護師が医師と上手く人間関係を築くにはどうすればいいか?について今回はまとめてみましたので、ご参考下さい。
異動希望は通らないの?
看護師をしていく中で、様々な理由により異動したいと考える人も少なくありません。ただ、異動希望を出しても中々希望が通らず、1年・・・2年・・・とズルズル同じ所で働いているケースもあり、悩んでいる人も多いようです。そこで今回は、看護師が異動したい理由と、異動希望の理想と現実についてまとめてみました。もし今現在異動を考えているなら是非参考にしてもらえればと思います。
仕事が覚えられない場合は?
看護師として仕事をしていても、中々仕事が覚えられずに自信を無くしてしまう事も良くあります。特にミスが続いてしまうと転職した方が良いのか、一層看護師を辞めた方がいいのか?と言う悩みまで抱えてしまうかもしれません。そんな仕事が覚えられないと悩む看護師へむけて、改善する為の方法や転職すべきか?等についてをまとめていますので、是非ご参考頂ければと思います。
高齢者が苦手な場合の対応
看護師として働いていてもなんとなく高齢者を苦手に感じてしまうと言う人もいるかもしれません。そんな時にどのように対応するのが良いのか?と言うのは悩んでしまう所です。そこで実際に高齢者施設で働く看護師の対応の仕方などから、高齢者が苦手な看護師でもうまく看護が出来る方法などをまとめてみました。もし、今現在高齢者が苦手だと言う人は是非参考にしてもらえればと思います。
男性看護師の悩み!
男性看護師も女性看護師と同じように、勤務する上で様々な悩みがあり、きつくてつらい毎日に転職や退職を考える人も少なくないようです。ひどい場合はうつ病になる人もいるようなので、今回はそんな悩みを持つ男性看護師へ向けて、きつくてつらい場合の対処などをまとめてみました。
男性看護師の将来性
今回は男性看護師の将来性についてまとめてみました。将来的にキャリアアップや給料アップの為にはどうすればいいか?また何歳ぐらいまで働けるか?などについて紹介していきます。もし今現在男性看護師として働いていて、将来に不安を感じていると言う事でしたら、是非参考にしてくださいね。
看護師の部署異動まとめ!
看護師として日々の業務が辛かったり、部署内の人間関係が上手く行かない場合、病院内での部署異動や転職を考えるかと思います。こういった病院内での異動届けは通るのか?異動するぐらいなら転職すべきか?についてまとめてみました。
新人看護師の辛い時期
実習生時代もかなり辛い経験をしてきたかもしれませんが、新人看護師になって更にその厳しさをじ関していると言う人もいるかもしれません。そんな新人看護師の辛い時期の乗り越え方について、今回はまとめてみました。転職を決断する前に是非目を通してみてくださいね。
新人看護師の早期退職
新人看護師でも希望した部署と違う所に配属されたり、周りの先輩とうまく行かない場合は早期退職を考えてしまいます。そんな新人看護師の早期退職や離職について、その後転職する事は出来るのか?などについてまとめてみました。
職場に溶け込めない悩み
新人看護師の中でも「何となく職場になじめない・・・」と悩んでいる人は少なくありません。そんな新人看護師が仕事や環境に慣れる時期や、今後についてをまとめてみました。どうしても職場に溶け込めない場合はどうすべきでしょうか?こちらに関して悩んでいると言う事なら、是非チェックしてみてくださいね。
新人看護師を乗り越えるには?
働きだして2年以内の看護師を”新人”と言いますが、この新人看護師の期間を乗り越えて1人前になるにはどうすればいいでしょうか?この新人看護師の壁を乗り越える方法や対処についてまとめてみました。
ミスが多い新人看護師の悩み
新人看護師として働いていると、あまりのミスの多さに「自分は看護師に向いていないのかも・・・」と悩んでしまいます。そんな場合の対処法として、ミスをなくす方法や考え方についてまとめてみました。
看護師の離婚率や離婚原因
看護師と言う仕事についている場合、離婚する確率が多いと言う噂もありますが、実際の所はどうなのでしょうか?離婚する人が多いって本当なのか?また離婚する原因や離婚率についても詳しくまとめてみました。
混合病棟で働く看護師のストレス
看護師の中でも今回は混合病棟で働く看護師のストレスや、混合病棟で働くメリットとデメリットについてまとめてみました。今現在混合病棟で働いていたり、これから混合病棟で働こうと考えている様でしたら是非参考にしてくださいね。
看護師と医師の恋愛
同じ職場であれば恋愛に発展するのも分かりますが、果たして病院内の看護師と医師の恋愛についてはありなのでしょうか?そんな看護師と医師について、普段の立場や結婚についてまとめてみました。
新人に対するストレスと対処方法
看護師も中堅になってくると新人を育成するという仕事を任される事があります。本当は優しく指導したいけど、普段の業務をこなしながら慣れない新人を指導するのは大変な事です。生意気な新人もいれば、全く仕事が出来ない新人、新人のミスを上司に怒られるなどストレスはたまる一方です。そのような新人が育たない時のストレスに対する対処法を紹介します。
クリニック勤務の人間関係や勤務時間
看護師の多くは病院やクリニックに勤務しています。女性が多い看護師はどうしても人間関係が気になる所で、実際に人間関係で悩む看護師は多いと思います。クリニックで働く看護師の人間関係の実情や勤務時間、クリニック勤務のメリットなどをまとめました。クリニックへの転職を考えている方は是非参考にしてください。
リーダー業務は何年目から?役割は?
ある程度の年数、同じ職場で看護師を勤めるとリーダー業務やまとめ役を任されます。上を目指してリーダー業務を受ける方も多いですが、中にはリーダー業務が嫌で避けたいという看護師もいます。リーダー業務の業務内容や、何年目から任されるのか、必ずしなければいけないのかなどについてまとめました。
看護師の委員会の悩みとストレス
看護師は通常の業務以外にも委員会や勉強会に参加しなけれはいけません。しかも大半は業務時間外に行われるので、面倒、大変と感じる看護師が多いようです。看護師の委員会の悩みやストレス、委員会で上司と上手くいかない原因と対処法などについてまとめました。
有給が取れない看護師の悩み!
看護師は働くところによって「有給休暇が取れない」と嘆いている人が多くいます。こちらのページでは、そんな有給が取れない理由やその解決方法についてまとめてみました。興味があれば是非チェックしてみてくださいね。