看護師 復職 子育て

看護師の復職、子育てでブランクがある場合は?

「看護師の復職、子育てでブランクがある場合は?【※求人の探し方!】」がイメージ出来る画像01

 

子供が一人だけで復帰するならブランク期間はそれほど長くなりませんが、2人目、3人目を産んだ後の復帰に関しては年数が経っている事もあり、色々と不安になってしまいます。

 

時間が経てば経つ程戻れなくなるような気がして気持ちだけが焦ってしまい、以下のような疑問や悩みを抱えている潜在看護師も少なくありません。

「子育てでブランクがある場合、どういった所に復職すれば良い?」
「ブランクが長い場合にオススメの転職求人サイトってある?」
「職場復帰訓練のある病院ってどうやって探せばいいの?」
「ブランクのある看護師の復職先としてオススメなのは?」

もしかするとあなたも上記のような疑問を抱えているのかもしれませんね。

 

以前と同じような診療科や職場で働ければ言う事ありませんが、あまりにブランクが長い場合、復職先も慎重に選ぶ必要がありますので、是非当記事を参考に理解を深めて頂き、より良い復職先を見つけて頂ければと思います。


ブランクのある看護師の復帰先としてオススメなのは?

では早速、ブランクのある看護師の復職先としてオススメ出来る事業所や働き方に関してご紹介させていただきます。

 

頭ではわかっている事でも、文章にして改めて読んでみるとまた視野が広くなりますので、しっかりと読み進めて頂ければと思います。

非常勤(パート)として働く

看護師としてのブランクが長い場合、いきなり職場へ復帰すると、医療の知識や手技だけでなく体力的にもついて行けない可能性があります。

 

子育てで使う脳や体力と、看護師として仕事で使う脳や体力は全くの別物なので、まずは非常勤として”馴らしてから”正職員として復帰する道も悪くは有りません。

 

非常勤であれば、万が一体調が悪くなったり、子供と離れる事で問題が出ても、一旦辞める事やシフトにより働き方を変える事が出来ます。

 

また、夜勤や残業もパートの場合は調整出来るので、焦る気持ちを抑えて非常勤として働いてみても良いかと思います。

 

急性期病棟以外の事業所

以前に働いていた病院が急性期病棟で、残業、夜勤は当たり前、毎日忙しく過ごしていた職場なら、復帰先としては避けた方が良いかもしれません。

 

復職後、いきなり夜勤などをやらされる事はまずありえませんが、それでもブランクのある看護師でいきなり急性期病棟に戻ると、色んな面で混乱してしまう可能性もあります。

 

そう考えると、急性期病棟以外の事業所である、クリニックや眼科、保育園や介護士施設、療養型病院などに復職するのもオススメです。

 

教育制度・復職支援制度の充実した所

病床数が比較的多い病院の場合は、教育制度や復職支援制度が整っている所が沢山あります。

 

復職に不安がある場合は、新人看護師の頃を思い出し、こういった支援制度、教育制度を経て復帰するのも不安が解消されるのでオススメです。

 

病床数が少ないと、1人の看護師にかかる責任が強く、復帰して間もない頃は精神的にもきつくなります。

 

そう考えても、病床数が多く、復職支援制度が整っている病院は復職にはむいています。

 

復職看護師が活躍している現場

実際に育児休暇や、休職から復帰した看護師が働いている職場なら安心して働く事が出来ます。

 

こういった内部情報に関しては、中々求人票や見た目には分かりませんが、看護師転職サイトのコンサルタントなどに聞くと内情までわかる事があります。

 

看護師転職サイトは全てのサービスが無料で利用出来るため、”とりあえず登録して求人を少し見るだけ”と言う人も少なくありません。

 

良い復職先を探すなら、登録するだけでなく、しっかりと上手く活用する事が必須となります。

子育てブランクのある看護師の求人検索まとめ!

子育て等で長いブランクのある看護師にオススメの復帰先を前項で紹介させていただきましたので、ここからは実際にそんな求人の探し方についてご紹介させていただきます。

子育てブランクが長い看護師の求人探しの方法!

地域の看護協会へ相談する!

 

ブランクが長い場合、色々と不安になりますが、旦那や子供は看護師の仕事に関して詳しくありません。

 

働き方に関して家族に相談するのは良いですが、復職に関しては家族ではなく、まずは看護協会に相談してみても良いかもしれません。

 

地域の看護協会は、ブランクからの復職に関して親身になって相談に乗ってくれるだけでなく、時期によっては、”復職支援セミナー”なども開催している事があり、相談の際に教えてくれるのでオススメです。

 

何度か当サイトでも紹介させて頂いておりますが、地域の看護協会に関しては下記を参考頂ければと思います。

地域の看護協会名

所在地

電話番号

北海道看護協会

〒003-0027 
札幌市白石区本通17丁目北3-24

011-863-6731

青森県看護協会

〒030-0822
青森市中央3-20-30県民福祉プラザ3F

017-723-2857

岩手県看護協会

〒020-0117
盛岡市緑が丘2-4-55岩手県看護研修センター内

019-662-8213

宮城県看護協会

〒980-0871
仙台市青葉区八幡2-10-19

022-273-3923

秋田県看護協会

〒010-0874
秋田市千秋久保田町6-6

018-834-0172

山形県看護協会

〒990-2473
山形市松栄1-5-45アルカディアソフトパーク山形内

023-685-8033

福島県看護協会

〒963-8871
福島県郡山市本町1-20-24

024-934-0512

茨城県看護協会

〒310-0034
水戸市緑町3-5-35茨城県保健衛生会館3F

029-221-6900

栃木県看護協会

〒320-8503
宇都宮市駒生町3337-1とちぎ健康の森4F

028-625-6141

群馬県看護協会

〒371-0007
前橋市上泉町1858-7群馬県看護教育センター

027-269-5565

埼玉県看護協会

〒338-0011
さいたま市中央区新中里3-3-8

048-824-8122

千葉県看護協会

〒261-0002
千葉市美浜区新港249-4

043-245-1744

東京都看護協会

〒162-0815
新宿区筑土八幡町4-17

03-5229-1520

神奈川県看護協会

〒231-0037
横浜市中区富士見町3-1神奈川県総合医療会館内6F

045-263-2901

新潟県看護協会

〒951-8133
新潟市中央区川岸町2-11

025-265-1225

山梨県看護協会

〒400-0807
甲府市東光寺2-25-1

055-226-4288

長野県看護協会

〒390-0802
松本市旭2-11-34長野県看護協会会館

0263-35-0421

富山県看護協会

〒930-0885
富山市鵯島字川原1907-1富山県看護研修センター

076-433-5680

石川県看護協会

〒920-0931
金沢市兼六元町3-69

076-232-3573

福井県看護協会

〒918-8206
福井市北四ツ居町601

0776-54-7103

岐阜県看護協会

〒500-8384
岐阜市薮田南5-14-53岐阜県県民ふれあい会館第1棟5階

058-277-1008

静岡県看護協会

〒422-8067
静岡市駿河区南町14-25エスパティオ3階

054-202-1750

愛知県看護協会

〒466-0054
名古屋市昭和区円上町26-18

052-871-0711

三重県看護協会

〒514-0062
津市観音寺町字東浦457-3三重県看護研修会館

059-225-1010

滋賀県看護協会

〒525-0032
草津市大路2-11-51

077-564-6468

京都府看護協会

〒606-8111
京都市左京区高野泉町40-5

075-723-7195

大阪府看護協会

〒536-0014
大阪市城東区鴫野西2-5-25ナーシングアート大阪

06-6964-5000

兵庫県看護協会

〒650-0011
神戸市中央区下山手通5-6-24

078-341-0190

奈良県看護協会

〒634-0813
橿原市四条町288-8看護研修センター内

0744-25-4014

和歌山県看護協会

〒641-0036
和歌山市西浜1014-27看護研修センター内

073-446-0605

鳥取県看護協会

〒680-0901
鳥取市江津318-1

0857-29-8100

島根県看護協会

〒690-0049
松江市袖師町7-11

0852-25-0330

岡山県看護協会

〒700-0805
岡山市北区兵団4-31

086-226-3638

広島県看護協会

〒730-0803
広島市中区広瀬北町9-2

082-293-3362

山口県看護協会

〒747-0062
防府市大字上右田2686山口県看護研修会館内

0835-24-5790

徳島県看護協会

〒770-0003
徳島市北田宮1-329-18

088-631-5544

香川県看護協会

〒769-0102
高松市国分寺町国分152-4

087-864-9070

愛媛県看護協会

〒790-0843
松山市道後町2-11-14

089-923-1287

高知県看護協会

〒780-8066
高知市朝倉己825-5

088-844-0678

福岡県看護協会

〒812-0054
福岡市東区馬出4-10-1ナースプラザ福岡

092-631-1141

佐賀県看護協会

〒849-0201
佐賀市久保田町大字徳万1997-1看護センター

0952-68-3299

長崎県看護協会

〒854-0072
諫早市永昌町23-6

0957-49-8050

熊本県看護協会

〒862-0901
熊本市東区東町3-10-39

096-369-3203

大分県看護協会

〒870-0855
大分市大字豊饒310-4

097-574-7117

宮崎県看護協会

〒889-2155
宮崎市学園木花台西2-4-6宮崎県看護等研修センター

0985-58-0622

鹿児島県看護協会

〒890-0064
鹿児島市鴨池新町21-5鹿児島県看護研修会館

099-256-8081

沖縄県看護協会

〒901-1105
沖縄県島尻郡南風原町字新川272番地17

098-888-3155

 

看護師転職サービスを上手く活用する!

 

前項でも少し触れたように、看護師転職サイトは、無料で利用出来るだけに軽視しがちですが、上手く利用すれば、すごく便利なサービスです。

 

特に復職に向けて入職先を探す場合でも、以下のような項目で絞り込みが出来ます。

ブランク歓迎
既婚者に最適
教育・研修制度充実
託児所あり
ブランク可

検索する時に普通に探すのではなく、上記のような詳細条件にチェックを入れて絞り込んで探すと、子育てブランクがある看護師でも簡単に求人を見つける事が出来ます。

 

看護師転職サイトのコンサルタントを活用する!

 

看護師転職サービスを利用し、前項で紹介したように上手く絞り込みをすると、良い復職先が見つかる可能性は高くなります。

 

しかし、求人票には≪ブランク歓迎≫など書かれていても、やはり不安になってしまうかもしれません。

 

そんな時にオススメなのが、看護師転職サービスのコンサルタントを徹底的に活用する方法です。

 

コンサルタントは病院側に求人を紹介する事で報酬を貰えるので、”本気で復職を考えている人”には手厚くサポートしてくれます。

 

最初にヒアリング時にしっかりと復職に関しての自分の不安や疑問を伝える事で、あなたにあった復職先を紹介してくれます。

 

ブランクの長い看護師にオススメの転職サイト一覧!

では、最後に子育てによりブランクが長い看護師にオススメの≪看護師転職サービス≫を紹介させていただきます。

 

今回、こちらで紹介する≪看護師転職サービス≫に関しては、”ブランク可”や”復職支援制度”などの絞り込みが出来る所のみを基準に紹介させていただきます。

 

上記は他のサービスに比べて、求人数、コンサルタントの質などにおいても高水準なサービスばかりなので、積極的に登録される事をオススメします。

 

 

 

子育てブランクのある看護師の復職に関しては、色々な不安がよぎりますが、しっかりとした復職先を選べばそれほど難しい事ではありません。

 

まずはしっかりと自分の今後の働き方や、どういった看護をしたいの?などを整理した上で、看護協会や看護師転職サービスなどを上手く活用すればきっと良い復職先が見つかるのではないかと思います。

「看護師転職サイトランキング!」がイメージできる画像01
「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像02 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像01

看護師の復職、子育てでブランクがある場合は?【※求人の探し方!】関連ページ

ブランク看護師の復職まとめ
ブランクのある看護師の復職や再就職に関してまとめました。ブランクがあってもうまく復帰する方法や、ブランク看護師でも無理なく勤める事が出来る求人の探し方などについても紹介しています。もし今現在ブランクがあって、これから復職や再就職を考えているなら、是非一度目を通してみてくださいね!
看護師のブランク研修まとめ!
元々看護師として働いていた人も、様々な理由で一旦休職や退職する人もたくさんいます。そんな潜在看護師の復職支援について今回はまとめてみました。復職支援研修やセミナー、勉強会や自宅での勉強方法などについてまとめています。もし今現在復職希望でブランクがあるようなら是非一度目を通しておいてくださいね!
潜在看護師が復帰するには?
看護師の資格を持っていながら今現在働いていない人の事を≪潜在看護師≫と言いますが、実際に潜在看護師が職場復帰する為にはどういった要素が必要となるでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。潜在看護師が利用できる復職支援研修や再就職する為に必要な事などを紹介していますので、潜在看護師で復職を考えているなら是非一度チェックしてみてくださいね!
新人看護師のストレス解消法
人間関係や慣れない激務によりストレスが溜まりがちな新人看護師、そんな新人看護師のストレス解消法についてまとめてみました。新人看護師の中にはストレスでうつ病になったり激太りする人も少なくありません。あなたも少しでも心当たりがあるようなら是非一度目を通しておいて下さいね!
夜勤明けの過ごし方まとめ!
看護師の夜勤明けは疲れ果ててそのまま寝る人もいれば、そのまま遊びに行ったりと様々な方法でストレス発散しようとする人もいます。歳をとればとる程夜勤明けの過ごし方で、その後の生活リズムに影響すると言われているので、他の看護師の夜勤明けの過ごし方を参考に、しっかりと睡眠調整が出来るように、今回はまとめてみました。是非夜勤明けの過ごし方で悩んでいるようでしたら、参考にしてくださいね。
復職で失敗しない為には?
結婚を機に退職したり、出産の為に育児休暇を取る看護師も少なくありません。ただ、復職の際にはブランクのある看護師として、色々な不安がよぎってしまいます。そこで今回の記事では、復職に失敗しない為の対処や、失敗する理由などをまとめてみました。これから復職を考えている看護師の方は、是非参考にしてもらえればと思います。
育休復帰前の不安と悩み
看護師は育休後の復帰に慎重になってしまいます。その理由として、仕事を忘れてしまっている事や、復職後、家庭と仕事を両立させるのが勤務シフト上難しいからです。そんな育休中の看護師について、復帰前の不安や復職後の働き方についてまとめました。もし、これから育休を取る予定があったり、今現在育児休暇中で、これから復職を考えていると言う場合は、是非一度目を通しておいてくださいね。
結婚後の再就職まとめ!
看護師でも結婚後に一度退職を考える女性も多いかと思います。ただ、実際に辞める前には、結婚退職した後、職場へ復帰出来るか?再就職先は本当にあるのか?などは気になってしまい不安になるかと思います。そこで当記事では、看護師結婚後の再就職に関して、よくある疑問と回答をまとめてみました。今後結婚予定で退職を考えている方や、今現在休職中で復職を考えている方は是非目を通して下さいね。
子育て支援制度まとめ!
看護師を休職中の女性も、子供が少し大きくなると復職を考えます。そんな時に子育て支援制度に関しては気になる所で、出来るだけ子供にとっても良い環境の所で働きたいと考えてしまいます。そこで今回は看護師の子育て支援制度に関してまとめてみました。今現在休職中の看護師の方で、今後復職を考えているなら是非参考にしてみてくださいね。
復職が怖い場合の対処は?
看護師の資格を持っていても、うつ病などの精神的な病気から休職中であったり、出産や育児中で長期ブランクがある潜在看護師の場合、復職に対して”怖い”と言うイメージを持ってしまいます。と言う訳で当記事では、≪うつ病や長期ブランクからの看護師の復職≫についてまとめてみましたので、こちらに該当する潜在看護師の方は是非参考にして頂き、復職を目指して頂ければと思います。
看護師の復職準備まとめ!
看護師の復職に関しては沢山の不安がよぎる為中々前に進む事が出来ません。ただ、しっかりと事前準備する事で問題なく復職する事が出来ますので、当記事ではここまで紹介した復職に役立つ勉強法や情報などをまとめてみました。復職に関して悩んでいる潜在看護師の方は是非チェックしてくださいね!
復職時期やタイミングはいつ?
以前は看護師として働いていても、結婚、出産、育児などを理由に今現在働いてと言う人もいます。そんな潜在看護師の復職のタイミングとしてはいつがいいのでしょうか?子供が大きくなるタイミング?育休が終わる頃?迷う人も多いようなので、今回の記事ではこちらに関してまとめてみました。興味があれば是非チェックしてみてくださいね。
看護師の再就職は難しい?
看護師で長期ブランクがある場合や、新人で一度退職した場合、再就職は難しいのでしょうか?基本的に人材不足が囁かれる看護業界ですが、誰でも雇ってもらえる訳ではありませんので、不安になっている人もいるかと思います。そこで今回は、新人や長期ブランクがある看護師の再就職に関してまとめてみました。今現在復職を考えていながら不安を抱えて前に踏み出せないと言う方は、当記事を参考にしてもらえるといいかと思います。
産後復帰と復職時期まとめ!
以前に看護師をしていても、結婚や出産を機に退職した人もいるかと思います。ただ、一度退職してしまうと、産後復帰する時期や復職のタイミングに関しては迷ってしまう所です。子供と一緒にいてあげたい気持ちと、長期ブランクを避けたい気持ち、どちらを優先すべきでしょうか?今回はこちらに関してまとめてみましたので、参考にしてもらえればと思います。