看護師 復職 失敗

看護師の復職、失敗しない為には?失敗する理由と対処!

「看護師の復職、失敗しない為には?【※失敗する理由と対処まとめ!】」がイメージ出来る画像01

 

看護師の資格を持っていても、結婚や出産を機に休職している”潜在看護師”はたくさんいます。ただ、医療分野は進歩が速い事もあり、1年以上ブランクがあるだけで復職に関して大きな不安を抱いてしまいます。

 

もしかするとあなたも今現在休職中の潜在看護師で、復職を考えていながら下記のような疑問を抱えているのではないでしょうか?

「看護師の復職について、失敗しない為に何かしておく事とかありますか?」
「復職予定なんですが、ブランクがあり中々復帰出来ません。どうすればいいですか?」
「看護師の復職、成功する為には何が必要がですか?ポイントとか教えて下さい。」
「復職で失敗したくないのですが、どういった求人に募集すれば良いですか?」

上記は実際に復職を考える看護師が抱えていた悩みで、あなたもいずれかの疑問を抱いているのかもしれませんね。

 

そこで今回は≪看護師の復職と失敗≫に関してまとめてみました。失敗した事例から、失敗しない為にしておきたい事などを紹介して行きますので、これから復職を予定しているなら、是非ご参考頂ければと思います。


看護師の復職、失敗した事例や対策について!

では、実際に潜在看護師として復職に失敗した事例と、その対策についてみて行きましょう。ここで紹介する事例と同じようにならない為に、しっかりと対策について理解を深めておいて下さいね。

看護師の復職、絶対に失敗する5つの理由と対策!

1.予習を全くしていない

 

復職前に育児などに追われて予習をしてないと、復職後『もっと予習をしておけばよかった・・・』と後悔する事になるかもしれません。

 

特に、周りが自分よりも若い年齢ばかりの職場だと、10歳以上も年下の看護師から「良い年なのにそんな事も分からないの!?」と思われてしまう可能性もあります。

 

予習をしていないと自分の知識にも自信を持てませんし、休職前の経験も活かす事が出来ません。

 

『予習を全くしていない』場合の対策は?

 

こちらに関しては、対策として紹介しなくても分かる通り、やはり復職前にある程度は予習しておくべきです。

 

予習と言っても、いきなり入職先の医療について学ぶことは出来ませんので、基本となる看護に関して、看護学校時代の教科書を使い、改めて勉強し直すだけでも復職後の働き方が全く変わってきます。

 

また、専門書を購入し最先端の医療について読んでみるのもいいかと思いますし、ネットから医療関係者のホームページなどをチェックするのも予習につながるのでオススメです。

 

2.全く未経験の科へ復職してしまった

 

元々一般の病院で内科などに勤めていたのにもかかわらず、あまりにブランク期間の事が怖すぎて、手技がない精神科などへの復職を考える人も少なくありません。

 

しかし、全く未経験の科で、更に自分が特に興味のない分野などの場合、復職しても長く続かない可能性があります。

 

スキルアップや看護の幅を広げる為に、他の科に転職するならまだしも、復職でいきなり未経験の科へ行くのは失敗する原因になりかねません。

 

『全く未経験の科へ復職してしまった』場合の対策は?

 

ブランク期間が長くなればなるほど、復職に関して不安になるのは分かります。

 

しかし、現実から逃げるような形で全く別の科に行ってもうまくいくとは限りません。

 

まずは、≪看護師転職サイト≫などを利用し、自分の今までやってきた看護経験ついて、専任コンサルタントや転職エージェントに話してみてください。

 

その上で”復職に関して抱えている悩み”を伝えると、ブランクがあっても以前の看護経験が活かせる職場を紹介してくれます。

 

3.復職先の病院が、以前の病院より規模が大きい

 

復職先の病院を探す際に、≪給与面≫、≪通勤時間≫、≪勤務する科≫においては注意深く見る人も少なくありません。

 

しかし、≪病院の規模≫に関してしっかり考えずに復職してしまうと、その違いについて行けずに失敗してしまう可能性もあります。

 

同じような給与、通勤時間、勤務する科であっても、病院の規模が違うと、ナースの数から病床数まで全く違う為、すんなりと馴染めない可能性があります。

 

『復職先の病院が、以前の病院より規模が大きい』場合の対策は?

 

転職求人サイトなどで求人を見ると、給与面などしか掲載されていないサービスもありますが、中には細かく病院の詳細について書かれている所もあります。

 

こういった看護師転職求人サービスを利用し、今まで自分が勤めていた病院と同じような規模の所に復職すると、このような失敗はある程度防ぐ事が出来ます。

 

また、求人票に掲載されている内容だけでなく、実際にその病院に行ってみて、その規模感を確認するのもオススメです。

 

4.求人票と面接の対応だけに頼ってしまった

 

看護師の復職や転職で良くある失敗として、求人サイトなどに掲載されている内容と実際が違うと言うケースです。

 

面接の際にも「残業は少ない」、「夜勤は日勤に慣れてから」と言われていたのに、いざ入職すると面接で言っていた内容と全く違う事もあります。

 

こんな時「求人票や面接なんて当てにならない・・・」と、復職に失敗したと感じてしまうかもしれません。

 

『求人票と面接の対応だけに頼ってしまった』の対策は?

 

求人サイトやハローワークに掲載されている看護師の求人票に関しては、基本的な事しか書かれておらず、内容が異なる事は普通によくあります。

 

病院側もこういった求人票は、採用担当や人事部などが全体を通して無難なコメントのみを掲載している場合も少なくありません。

 

この場合の対処としては、こちらに関しても≪看護師転職サイト≫を上手く活用する事です。

 

≪看護師転職サイト≫は面接もコンサルタントが同行してくれるサービスもありますし、給与面などの交渉もしてくれる所もあります。

 

また、この入職時の条件に関しても≪看護師転職サイト≫側がしっかりと保管してくれているので、入職後、条件や内容が異なる場合は、色々とフォローしてくれます。

 

自分だけで求人票を確認し、個人で面接に行くよりも、出来るだけ≪看護師転職サイト≫を利用し、こういった事を防ぎましょう。

 

5.プライドを捨てきれない

 

以前の看護師としての経験や知識があると、どうしても復職後プライドが邪魔をして失敗してしまう事があります。

 

「私は今までもっと大変な病院にいた」、「認定看護師の資格を持っている」など、心の奥底に、現役で働いていた時のプライドが邪魔をしてしまい、他の看護師とうまくなじめない事もあります。

 

プライドを捨てきれないと、ちょっとした事で心が折れてしまったり、人間関係の構築が難しくなってしまいます。

 

『プライドを捨てきれない』場合の対策は?

 

看護師の世界は、現場で働いてこそなんぼなので、ブランク1年〜3年でも予習、復習は必要ですし、5年以上のブランクがある場合は、新人看護師のつもりで仕事に入らなければいけません。

 

もちろん新卒2年目〜3年目の年下ナースであっても、自分よりもここ数年は現役で働いて来た看護師なので、尊敬の気持ちを忘れず、敬語で接するぐらいの気持ちでいなければなりません。

 

叱られた際にも”指導してくれている”と言う謙虚な気持ちを忘れずに、まずは以前の経験からくるプライドを捨てて復職するべきです。

 

 

 

看護師の復職と失敗する理由について紹介させて頂きましたが、上記5つについては復職失敗で実際によくある事例となります。

 

もし今現在復職を考えている所で、上記一つでも可能性があるなら、もう少し準備をしてから復職活動に臨んでも良いかもしれませんね。

※こちらも併せて読むと、復職の際にお役に立てるかと思います。

⇒参考記事:「ブランク看護師が問題なく復職する為の3つの方法!

「看護師転職サイトランキング!」がイメージできる画像01
「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像02 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像01

看護師の復職、絶対に失敗する5つの理由と対処まとめ!関連ページ

ブランク看護師の復職まとめ
ブランクのある看護師の復職や再就職に関してまとめました。ブランクがあってもうまく復帰する方法や、ブランク看護師でも無理なく勤める事が出来る求人の探し方などについても紹介しています。もし今現在ブランクがあって、これから復職や再就職を考えているなら、是非一度目を通してみてくださいね!
看護師のブランク研修まとめ!
元々看護師として働いていた人も、様々な理由で一旦休職や退職する人もたくさんいます。そんな潜在看護師の復職支援について今回はまとめてみました。復職支援研修やセミナー、勉強会や自宅での勉強方法などについてまとめています。もし今現在復職希望でブランクがあるようなら是非一度目を通しておいてくださいね!
潜在看護師が復帰するには?
看護師の資格を持っていながら今現在働いていない人の事を≪潜在看護師≫と言いますが、実際に潜在看護師が職場復帰する為にはどういった要素が必要となるでしょうか?今回はこちらについてまとめてみました。潜在看護師が利用できる復職支援研修や再就職する為に必要な事などを紹介していますので、潜在看護師で復職を考えているなら是非一度チェックしてみてくださいね!
新人看護師のストレス解消法
人間関係や慣れない激務によりストレスが溜まりがちな新人看護師、そんな新人看護師のストレス解消法についてまとめてみました。新人看護師の中にはストレスでうつ病になったり激太りする人も少なくありません。あなたも少しでも心当たりがあるようなら是非一度目を通しておいて下さいね!
夜勤明けの過ごし方まとめ!
看護師の夜勤明けは疲れ果ててそのまま寝る人もいれば、そのまま遊びに行ったりと様々な方法でストレス発散しようとする人もいます。歳をとればとる程夜勤明けの過ごし方で、その後の生活リズムに影響すると言われているので、他の看護師の夜勤明けの過ごし方を参考に、しっかりと睡眠調整が出来るように、今回はまとめてみました。是非夜勤明けの過ごし方で悩んでいるようでしたら、参考にしてくださいね。
育休復帰前の不安と悩み
看護師は育休後の復帰に慎重になってしまいます。その理由として、仕事を忘れてしまっている事や、復職後、家庭と仕事を両立させるのが勤務シフト上難しいからです。そんな育休中の看護師について、復帰前の不安や復職後の働き方についてまとめました。もし、これから育休を取る予定があったり、今現在育児休暇中で、これから復職を考えていると言う場合は、是非一度目を通しておいてくださいね。
結婚後の再就職まとめ!
看護師でも結婚後に一度退職を考える女性も多いかと思います。ただ、実際に辞める前には、結婚退職した後、職場へ復帰出来るか?再就職先は本当にあるのか?などは気になってしまい不安になるかと思います。そこで当記事では、看護師結婚後の再就職に関して、よくある疑問と回答をまとめてみました。今後結婚予定で退職を考えている方や、今現在休職中で復職を考えている方は是非目を通して下さいね。
子育て支援制度まとめ!
看護師を休職中の女性も、子供が少し大きくなると復職を考えます。そんな時に子育て支援制度に関しては気になる所で、出来るだけ子供にとっても良い環境の所で働きたいと考えてしまいます。そこで今回は看護師の子育て支援制度に関してまとめてみました。今現在休職中の看護師の方で、今後復職を考えているなら是非参考にしてみてくださいね。
子育てブランク後の復職は?
看護師の復職に関して、子育てでブランクがある場合の求人の探し方や、オススメの転職サイトに関してまとめました。今現在子育ての為に休職している潜在看護師の方は、復職する事に関して不安になっているかと思います。家庭と仕事の両立を考えている場合は是非参考にしてくださいね。
復職が怖い場合の対処は?
看護師の資格を持っていても、うつ病などの精神的な病気から休職中であったり、出産や育児中で長期ブランクがある潜在看護師の場合、復職に対して”怖い”と言うイメージを持ってしまいます。と言う訳で当記事では、≪うつ病や長期ブランクからの看護師の復職≫についてまとめてみましたので、こちらに該当する潜在看護師の方は是非参考にして頂き、復職を目指して頂ければと思います。
看護師の復職準備まとめ!
看護師の復職に関しては沢山の不安がよぎる為中々前に進む事が出来ません。ただ、しっかりと事前準備する事で問題なく復職する事が出来ますので、当記事ではここまで紹介した復職に役立つ勉強法や情報などをまとめてみました。復職に関して悩んでいる潜在看護師の方は是非チェックしてくださいね!
復職時期やタイミングはいつ?
以前は看護師として働いていても、結婚、出産、育児などを理由に今現在働いてと言う人もいます。そんな潜在看護師の復職のタイミングとしてはいつがいいのでしょうか?子供が大きくなるタイミング?育休が終わる頃?迷う人も多いようなので、今回の記事ではこちらに関してまとめてみました。興味があれば是非チェックしてみてくださいね。
看護師の再就職は難しい?
看護師で長期ブランクがある場合や、新人で一度退職した場合、再就職は難しいのでしょうか?基本的に人材不足が囁かれる看護業界ですが、誰でも雇ってもらえる訳ではありませんので、不安になっている人もいるかと思います。そこで今回は、新人や長期ブランクがある看護師の再就職に関してまとめてみました。今現在復職を考えていながら不安を抱えて前に踏み出せないと言う方は、当記事を参考にしてもらえるといいかと思います。
産後復帰と復職時期まとめ!
以前に看護師をしていても、結婚や出産を機に退職した人もいるかと思います。ただ、一度退職してしまうと、産後復帰する時期や復職のタイミングに関しては迷ってしまう所です。子供と一緒にいてあげたい気持ちと、長期ブランクを避けたい気持ち、どちらを優先すべきでしょうか?今回はこちらに関してまとめてみましたので、参考にしてもらえればと思います。