看護師 主任 辞めたい 退職

看護師、主任でも辞めたい理由と対処!

「看護師、主任でも辞めたい理由と対処!【※退職すべきなケースは?】」がイメージ出来る画像02

 

看護師の最初のステップアップとして主任への昇進がありますが、光栄に思う反面、主任としての仕事も増える事で色々な悩みを抱えてしまいます。

 

給与面である程度優遇してもらえるならまだしも、病院によってはそれほど貰えない場合もあり、以下のように退職を考える人も少なくありません。

「今年から主任を任されたのですが、仕事が忙しすぎて辞めたい・・・」
「主任と言う立場で、ナースと師長の板挟みがしんどくて退職したい・・・」
「主任になってからプライベートの時間ばかりが取られて続けて行く自信がない・・・」
「周りのスタッフが率先して動いてくれず、主任の立場としてしんどい・・・」

もしかするとあなたも上記のような理由から、今現在退職を考えているのかもしれませんね。そこで今回は≪主任の立場で辞めたいと思った場合、退職した方が良いの?≫についてまとめてみました。

 

主任と言う”辞めにくい立場”だからこそ、普通の看護師よりも深く悩んでしまいます・・・。是非参考にして頂き、今後の働き方について考えてみてくださいね。


主任でも辞めたい!その理由と対処まとめ!

では早速、主任になったは良い物の、「辞めたい!」と感じてしまう理由やその対処などをまとめてみましたので、ご参考下さい。

主任でも辞めたくなる理由と対処!

では早速、主任でも辞めたくなってしまう理由とその対処についてを見て行きましょう。

責任が重すぎる・・・

 

最初は光栄に思い、主任を引き受けたものの、仕事の内容が分かってくると、その責任の重さにつぶれてしまうケースもあります。

 

日常の業務は今までと同じようにこなす事はもちろん、スタッフの教育や管理業務、病棟全体を良くする為の仕事なども求められます。

 

その責任の重さから、毎日精神的、肉体的に追い詰められた結果、辞めてしまう人も少なくありません。

 

「責任が重すぎる・・・」で辞めたい場合の対処は?

 

責任が重すぎると感じている場合ですが、基本的に看護師と言う仕事自体がそもそも責任感の強い仕事になります。

 

主任になると、今までやってこなかった仕事も任される為、責任の重さに悩んでしまう事もありますが、今後看護師としてずっと仕事を続けていくなら、自分が成長する良いチャンスだと捉える事も出来ます。

 

主任としての責任の重さに耐えられるようになれば、看護師としての能力も更に高くなり、仕事自体を楽しめる様になる可能性もあります。

 

どうしても主任と言う立場が辛い場合で、既に数年間主任を続けてきたという事なら、他の所へ転職してもその経験は生かされますので、転職するのもオススメです。

 

デスクワークや会議ばかり・・・

 

主任と言うと、一般の看護師からの初めてのステップアップですが、仕事内容はと言うと、デスクワークや師長・婦長会議への出席などが多くなります。

 

その為、患者さんと接したり、本来の看護と言う業務からは遠く離れてしまう可能性もあります。

 

その反面看護師が何かミスをした場合などのフォローは、主任がしっかりと行わなければならない為、どんどん不満も溜まり退職を考えてしまうケースがあります。

 

「デスクワークや会議ばかり・・・」で辞めたい場合の対処は?

 

こういった理由で退職を考える看護師の場合、元々身体を動かしたり、現場でバリバリ働きたいと考える人がほとんどです。

 

最初は主任に任命されて「期待されているし頑張ろう!」と思っていても、いざ主任になってみると、思っていた仕事が出来ない事もあります。

 

ただ、この場合は、辞めたいと思う理由がそれほどネガティブではない為、一度師長や婦長に相談しても良いかもしれません。

 

場合によっては主任の変更や異動に応じて貰える場合もありますし、仕事内容に関しても変更してもらえるかもしれません。

 

師長や婦長と合わない・・・

 

主任になると、スタッフの管理はもちろん、病棟全体の運営に関しても考えなければいけません。

 

その中で、婦長や師長と密に関係を築いていく事も求められますが、どうしても師長や婦長と性格が合わないと言う事もあります。

 

関係で言えば、直属の上司と部下のような関係になるため、その関係が悪い事で退職を考える人もいるようです。

 

「師長や婦長と合わない・・・」で辞めたい場合の対処は?

 

この場合は上司と部下の関係に当たる為、関係を改善する事はまず出来ません。対処の方法としては、≪ひたすら耐える≫か≪転職する≫のどちらかしかありません。

 

ただ、中には飲みに行ったり食事に行ったりする事で、今まで知らない部分や考え方などが分かり、お互い理解しあえる事もあるようなので、転職を考えるのであれば、その前に一度食事や飲みの席に誘っても良いかもしれません。

 

主任の役割が今一分からない・・・

 

看護師の主任と言っても、ハッキリと役割が決まっている病院もあれば、名前だけで特に役割が決まっていない所もあります。

 

役割がハッキリと決まっていない方が、厳しくなくて良いようにも思いますが、実際はそうではありません。

 

役割が決まっていない事で、”師長がいない時のただの便利屋”として様々な雑用を任されるだけの場合もあり、「主任って一体なに?ただの便利屋?」と感じてしまって辞めたくなるケースもあります。

 

「主任の役割が今一分からない・・・」で辞めたい場合の対処は?

 

この場合は、職場事態を更に良くする意味で、師長や婦長に話しをし、しっかりと主任としての仕事を与えてもらった方が良いかもしれません。

 

取り方によっては不満を言っている様に聞こえる事もありますが、「主任として私は役に立っていないような気がするので、もっと仕事を率先してやりたい!」と言う旨を伝えれば、やる気がある事もアピール出来る上に、しっかりと主任としての役割も与えて貰える可能性があります。

 

性格的に自分には合わない・・・

 

主任にいざなってみた物の、「自分の性格にはどうも合わない・・・」と悩んだ結果、退職を考えるまでに至るケースもあります。

 

小さい頃や学生の頃から部活は文科系で、イベント毎にも率先して目立つ役割をしてこなかった人の場合、主任と言う仕事が合わないと感じてしまうかもしれません。

 

主任になると、スタッフにも注意や指導を行わなければならず、ある程度憎まれ役も買わなければなりません。

 

その為、元々温厚な正確な場合は主任と言う立場がどんどん辛くなり辞めたくなってしまう可能性もあります。

 

「性格的に自分には合わない・・・」で辞めたい場合の対処は?

 

看護師と言う仕事は好きなのに、主任と言う立場が自分には合わないと感じる場合には、転職した方が良いかもしれません。

 

他の職場に行っても、元々主任をしていた経験があれば、給与面などでも優遇される可能性はありますし、今の職場のまま降格してもらう事も出来ません。

 

上記より、その経験を活かしてよりよい職場へ転職する方が、今後の事を考えても妥当な判断だと言えます。

 

主任手当が安い・・・

 

主任になると、基本給も上がり、主任手当なども貰える病院がほとんどだと言われています。

 

しかし、その額と言うのは病院によっても大きく異なる上に、手当が安いのに主任としての責任が他の病院よりも重たい場合も少なくありません。

 

仕事はどんどん任されるのに主任手当が安いと、モチベーションも徐々に下がってきて、いずれ退職を考える様になってしまいます。

 

「主任手当が安い・・・」で辞めたい場合の対処は?

 

今現在主任になって間もないのであれば、今我慢すれば今後大きく給与もアップする可能性はあります。

 

しかし、既に数年間主任として仕事をこなしてきたのに、主任手当が安いと感じているなら、転職した方が良いかもしれません。

 

主任と言うのは誰でもなれる役職ではないので、その経験は他の病院でかなり重宝されますし、主任事態を募集している病院もあります。

 

その場合、今よりもかなり主任手当が高い所への転職も可能ですし、まずは転職サイトに登録し、主任としての給与に関しても情報を収集してみてはいかがでしょうか。

 

主任の立場で良くある疑問と回答まとめ!

主任に立場だからこそ、一般の看護師の時には分からなかった苦労や悩みもあります。そんな疑問や不安に関する回答もまとめてみました。

せっかく主任になったのならやっぱり続けるべき?

一生を一般のスタッフとして過ごすナースも少なくないので、「せっかく主任になったのなら・・・」と考えて退職を踏みとどまっている人も少なくありません。

 

確かに主任になって間もないのであれば、せっかく主任と言う役割を任されたので、続けて頑張ってみる方が、今後のあなたの成長にとっても良い様に働く可能性は充分にあります。

 

責任感の強い仕事が苦手だと感じていても、主任になり働いて行くうちに、人間力が高くなって行き、どんどん成長して行く事もあります。

 

ただ、既に主任になって数年が経過しているのに、こういった悩みを持っているのであれば、思い切って転職してみるのもオススメです。

 

給与面や職場環境が変わる事で、仕事に対する考え方やモチベーションも大きく変わりますし、特に色々な面で今の職場に不満を抱えているのなら、主任と言う立場を一旦捨てて、転職した方があなたにとっても幸せかもしれませんね。

 

主任なのに給料が安い気がする・・・普通はどれぐらい貰えるもの?

一般の看護師に比べると主任看護師は以下の様に給与面で優遇されている事が多いようです。

月収(基本給)⇒3〜7万円程多い
年収(ボーナス含)⇒20〜100万円程多い

もし上記ほど貰っていない場合には、あなたの勤めている病院の主任手当が安い可能性もあります。

 

もちろん名前だけの主任で、特に一般の看護師と仕事内容が変わらないのであれば仕方ありませんが、仕事内容に比べて、給与や手当が低いと感じている場合は、今後転職も視野に入れるべきです。

 

主任で退職するのはもったいない?

一度主任になると、あまり降格などはない為そのまま長く主任を続けることになるかと思います。

 

せっかく主任を任されたので、色々な悩みや不満を抱えていても、「せっかく主任になったのに退職するのはもったいない・・・」と感じてしまいますが、実際の所は主任になった事を後悔し、「ならなければ良かった・・・」と後悔している主任看護師も多いようです。

 

上記より、主任の立場で一度でも退職を考えた事があると言うのなら、それを良い機会と捉えて真剣に転職を考えても良いかもしれません。

 

立場上辞めにくい場合もありますが、主任になった事でプライベートな時間もとられ、特に給与面も優遇されないのであればストレスは溜まるばかりです。

 

 

 

主任看護師でも辞めたいと思う理由はたくさんありますが、それでも責任感や、もったいなさから辞める事が出来ないと言う人もいます。

 

しかし、一度でも辞めたいと感じたり、退職を考えた場合は、そのまま仕事を続けて行くのは精神的にも肉体的にもしんどく、ひどい場合はうつ病などになってしまう事もあります。

 

今後の事を考えても、しっかりと今の自分の立場と現状を客観的に分析し、真剣に続けるか転職するかは考えた方が良いかもしれませんね。

「看護師転職サイトランキング!」がイメージできる画像01
「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像02 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像01

看護師、主任でも辞めたい理由と対処!【※退職すべきなケースは?】関連ページ

新卒看護師の退職について
看護師と言う仕事は本当にきつく、新卒の看護師の場合は1年も経っていないのに辞めたくなる人も少なくありません。今回の記事では、そんな新卒看護師さんが辞めたいと感じた時にどうすればいいか?についてまとめてみました。環境や状況によっては転職した方が良いかもしれません。一度目を通してよく考える機会を作ってみてはいかがでしょうか?
看護師の辞める理由まとめ!
人間関係や給与面など様々な不満が出やすい看護師と言う仕事、それぞれ辞める際には理由があります。しかし、今現在働いていて、実際に辞めたいと考えた時、「自分の辞めたいと思う理由って甘いだけ?」など、他の看護師の退職理由についても気になる所です。そこで当記事では、再就職にも有利な使える退職理由についてをまとめてみました。もし今現在退職を考えているなら、是非目を通してみてくださいね!
辞めたい時はどうすれば良い?
毎日の辛い業務から来る疲れ、人間関係からくるストレスにより『看護師を辞めたい!』と考える人も少なくありません。ただ、せっかく取得した看護師の資格、そのまま辞めるのは勿体ないかと思います。今回の記事では、そんな辞めたいと考える看護師に向けて、辞めた方が良いケースや辞めない方が良いケースなどを紹介し、転職に失敗しないようなポイントをお伝えさせて頂きます。
看護師の退職の流れとコツ
職場への不満やキャリアアップから退職を考える看護師も少なくありません。ただ、転職する場合は、転職理由もしっかりと伝える必要もあり、また退職するまでの流れも重要になります。そこで今回は円満退職の為の流れや、失敗しない為の転職のコツについてまとめてみました。今後退職や転職を考えている看護師の方は、是非参考にしてみてくださいね。
退職時引き留められた場合は?
常に人手不足な病院も多く、仕事の忙しさや慢性的な残業に不満を頂いて退職を考える看護師も少なくありません。ただ、実際に辞める際に、人手不足が理由で引き留められたり、辞めたくても辞めさせてもらえない場合もあります。そう言う場合の対処についてまとめてみました。今後退職を考えていて、辞めさせてもらえるか不安を感じているなら是非チェックしてみてくださいね。
看護師の退職と嫌がらせ
看護師が退職する理由の一つに嫌がらせや上司のパワハラなどが多いようです。ちょっとした言葉の使い方で、受け取る側にとっては大きな心の傷になる場合もあり、こういった職場での嫌がらせは度々問題となっています。そこで当記事では、看護師の退職と嫌がらせについてまとめてみました。今現在、こういった理由で退職を考えているようでしたら、是非参考にしてみてくださいね。
中堅看護師の離職理由と退職
中堅看護師の辞めたい理由と退職に関してまとめました。離職率や離職理由などを紹介し、他一般の看護師がどのような理由で転職したり退職したりするのかを参考にしてもらえます。今現在辞めたいと考えていたり、今後退職や転職を考えている中堅看護師の方は是非目を通してみてくださいね!
結婚予定の退職と働き方
看護師の結婚に関しては、寿退社する方が良いのか?そのまま続けた方が良いのか?は迷う所だと思います。もし辞めるにしてもどんなタイミングで辞めるのが良いのか?辞めた後の働き方はどうするのか?などについてまとめました。今現在看護師をしていて、結婚予定で退職を考えている場合には、是非一度目を通しておいて下さいね。
看護師2年目の結婚退職
看護師のなって2年目、突然付き合っていた彼氏からプロポーズされて結婚を考える事になるかもしれません。そんな時に悩むのが「2年目で結婚退職って非常識じゃないの?」と言う点です。今回は2年目の看護師の結婚退職や離職、転職に関してまとめてみました。もしあなたが今現在看護師2年目で、結婚予定があるようなら是非目を通してもらえればと思います。
看護師を辞める方法は?
苦労をして看護師になったものの、今の職場にやりがいもなく、人間関係も悪い場合、退職や転職を考えてしまいます。しかし、ある程度看護師としてのキャリアを積むと、辞めたくても辞めさせて貰えない事も少なくありません。ですが、退職の意思が固い場合、辞めるにはどうすればいいでしょうか?今回は看護師の辞める方法と転職についてをまとめてみましたので、興味があればご参考下さいね。
介護施設を辞める理由は?
介護施設で働く看護師も、様々な理由により退職を考えてしまいます。その辞める理由で良く上がるのが待遇や給料の悪さです・・・。そこで実際に介護施設で働く看護師の辞めたい理由や、今現在の給与面などについてまとめました。これから介護施設で働きたいと考えていたり、既に介護施設で働いていて、他の所への転職を考えていると言う場合には是非チェックしてみてくださいね。
辞めるのはもったいないの?
日々の業務の辛さや人間関係の悪さなどの理由から、看護師を辞めようかと考えてしまいます。しかし、苦労して取得した看護師の免許、今まで必死になって勉強してきたこともあり、「簡単に辞めてしまうのはもったいない」と考えてしまいます。そんな時はどうすればいいでしょうか?他の仕事にうつるか?それとも他の診療科に行けばいいか?今回はこちらに関してまとめてみました。今現在同じような悩みを抱えているなら、是非参考にしてもらえればと思います。
看護師の退職後の手続き!
看護師としてずっと勤務していても、妊娠や出産、家庭の事情などで一旦退職する事もあります。ただ、退職してからは、様々な手続きがあり、受給できる手当などもあるので、退職後何をすれば良いか?については知っておいて損はありません。今回は、この退職後の看護師の手続きに関してまとめてみましたので、是非興味がある方はチェックしてみてくださいね。
退職に迷う場合はどうすべき?
今現在看護師をしていて、色々な理由で退職しようか迷っている人もいるかと思います。ただ、一度仕事を辞めてしまうと、辞めた後に後悔してしまう恐れもあり、中々退職に踏み切れないと言う人も多いかもしれません。そこで今回は、退職に迷う看護師は後悔しない為にどうすべきか?と言う点についてまとめてみました。もし今現在辞めようか迷っていながら後悔するのが怖くて一歩踏み出させないと言うような場合は是非参考にしてくださいね。
退職について周りに相談する?
看護師をしていて退職を考えた場合、周りに相談した方がいいのでしょうか?また、辞めるにしても誰から伝えればいいのか?については迷う所です。そこで今回は、看護師をしていて辞めたいと思った場合、誰に相談するのがいいか?についてまとめてみました。あまり非常識に退職希望を出すと、後々辞めるまでが大変になりますので、是非参考にしてもらればと思います。