看護師 夜勤なし

看護師で夜勤なしの給料まとめ!夜勤なしでも高収入な求人の探し方は?

看護師で夜勤なしの給料まとめ!夜勤なしでも高収入な求人の探し方は?

 

夜勤や残業手当で手取りの給料が高くなる事が魅力的な看護師の仕事ですが、年齢を重ねていくと夜勤自体がつらくなったり、家庭との両立が難しかったり、プライベートな時間が取りにくくなるなど、”夜勤なし”で日勤のみの働き方を検討する看護師も多いようです。

 

ただ、実際に夜勤がなくなって身体的に楽になったとしても、今度は給料があまりに下がり過ぎて生活出来なくなるのも困ったもの・・・。こういった考えから中々今の勤務体系から変わる事が出来ない看護師も少なくありません。

 

特に多い悩みとしては・・・

「夜勤がない看護師の給料って手取りでどれぐらいになるの?」
「看護師が夜勤なしでも高収入になる事ってあるの?」
「夜勤なし看護師の年収って、夜勤ありの場合とどれぐらい違う?」
「夜勤なしの求人募集ってどうやって探せばいいの?」

 

上記に関しては悩んでいる人が特に多いようなのですが、あなたも”夜勤なしの働き方”を検討していて同じような悩みを抱えているのではありませんか?

 

そこで当記事では、≪看護師の夜勤なしの給料と求人について≫まとめてみました。果たして夜勤なしの給料はどのくらいなのか、夜勤なさしでもそれなりに給料がもらえるところはあるのか、注目です!


看護師で夜勤なしの給料について

看護師で夜勤なしの給料について

 

基本的に看護師の給料平均は、厚生労働省やそれぞれの都道府県などで、統計として発表されていますが、あくまで平均であって、実際の額面通りにはいかないようです。

 

看護師の給料、夜勤なしの場合はいくら?

夜勤なし、日勤のみの場合は一般的に”日勤常勤”と呼ばれますが、この勤務体系の看護師の給与について、一部データを抽出しましたので実際に見て行きましょう。

 

資格 仕事内容 看護師経験 月給
正看護師 外来 3年目 337,486円
正看護師 訪問看護ステーション 7年目 309,500円
正看護師 病棟 4年目 227,300円
准看護師 外来 8年目 309,792円
正看護師 透析 4年目 283,341円
准看護師 特別養護老人ホーム 7年目 238,521円
准看護師 訪問介護・入浴 3年目 306,304円
正看護師 病棟 7年目 240,865円
准看護師 病棟 3年目 160,000円
正看護師 外来(小児科) 6年目 245,200円

 

こうしてみると、同じ夜勤なしの看護師でもかなり差がある事がわかります。

 

しかも、准看護師よりも正看護師の方が基本的に給与も高く、資格手当もつくはずなのに、准看護師の方が良い所もあります。

 

これは経験年数もそうですが、勤めている地域や、勤務先によっても大きく異なるようです。

 

夜勤なしの看護師の給料平均と年収は?

 

夜勤なしの看護師の給料平均と年収は?

 

実際に上記で抽出したデータを元に平均給与を出してみたいと思います。

 

今回は、色々な仕事内容、勤務年数で抽出した夜勤なしの看護師の給料相場ですが、月給の平均が26万5,830円になりました。

 

更に年収はと言うと、上記の月給を12ヶ月分かけた318万9,960円となり、この金額にボーナスがプラスされる形となります。

 

こうしてみると、夜勤なしの看護師でも手取りの給料でも生活できないレベルではないようです。

 

あくまで目安にしかなりませんが、あなたが実際に夜勤なしの求人を探す際に「いくらぐらいなら安いか?高いか?」という一つの目安にはなるでしょう。

 

看護師は夜勤なしでも高収入になる事ってある?

夜勤なしでも経験年数や勤める地域などによっては高収入とはいえなくても、ある程度の給料は貰える事が分かります。

 

では、同じような年数と勤め先なのにここまで差が開く理由は何でしょうか?夜勤なしでも高収入になるのはどんな時でしょうか?

 

夜勤なしでも給料が高くなる理由は?

 

夜勤なしでも給料が高くなる理由は?

 

こちらについて調べた所、「高収入にはそれだけの理由がある」と言う事がわかりました。例えば、一見同じ病棟勤務で夜勤がなくても高収入の看護師から言わすと「夜勤はないけど死ぬほど忙しい!!」、「夜勤がないけど毎日ほとんど残業!」と言う声もよく聞かれます。

 

ほとんどの看護師が「給料が良くて楽な病院はない」と言うぐらい、高収入にはそれなりの理由があるという事です。

 

忙しくないのに給料が良い場合は?

 

忙しくないのに給料が良い場合は?

 

上記で挙げた理由以外で給料が高くなるケースとしては、看護師でも企業勤めや特殊業務、看護師経験歴が長く、役職についている場合は一般の看護師よりも給料が高くなる傾向にあります。

 

看護師の企業勤め

企業勤めとは、企業内の医務室での健康管理業務などです。企業への転職はさまざまな条件があります。

 

例えば、大学卒で保健師の資格保持、転職回数が少ない、パソコンスキルなどをクリアしていないと選考が通らないため、人気の職場で条件がやや厳しいところが難点です。

 

看護師の特殊業務

特殊業務とは、一般病棟では身につかないスキルなどのことで、例えば透析センターや美容外科系などです。

 

透析センターの看護師は特殊な穿刺処置や透析管理のスキルが必要で、美容外科は自由診療のサービス業の色合いが濃くなる職場です。どちらも看護師なら誰でもできるわけではありません。

 

こうした企業や特殊業務のある職場のなかには、病棟ほど忙しくなく、日勤のみでも高給与な職場が多い傾向にあります。

 

夜勤がなくて、それほど忙しくもないのに高収入なのは、条件が厳しい職場である場合がほとんどです。

 

もし、今後夜勤なしの働き方、日勤のみの働き方を考えているなら、ある程度の給料ダウンは計算しながら、条件が厳しい職場のなかでも自分にできる仕事を探すことが重要です。

 

高収入が期待できる職場は?求人は沢山見つかるの?

夜勤なし看護師が活躍する職場まとめ!

 

病院内で日勤のみの働き方

病棟や外来でも日勤常勤で正職員という働き方があるところもあります。また、病院内でも手術室、透析室、放射線科、化学療法室などでも同様の働き方ができます。

 

特に救急指定病院ではなく、予約入院・手術の患者さんだけを受け入れている病院の場合には、日勤常勤の枠が多いです。

 

病院以外で日勤常勤の働き方

病院以外にも日勤常勤で働けるさまざまあります。クリニック、老人施設、訪問看護、地域包括支援センター、学校保健室、企業などです。

 

クリニック

 

一般内科などのクリニックは9〜18時頃の間で診療を行っていますが、診療科やクリニックによっては、会社帰りの患者さんのために夜間長めにやっているところも多いです。

 

給料自体は病院で夜勤をするより下がる可能性がありますが、クリニック内で看護師の役職がつくと、昇給することもあります。また、自由診療を行っているところは、比較的給与が高めに設定されています。

 

老人施設

 

看護師は日勤だけで、夜間は介護士やヘルパーなどが常駐する施設も多いです。

 

母体が大きいところや、富裕層向けのサービス付き住宅などの場合には、日勤だけでも給与が高めのところもあります。

 

訪問看護

 

訪問看護ステーションでは24時間対応をしているところもありますが、平日日勤だけの勤務をメインとしているところもあります。

 

また比較的、日勤だけでも年収が高めに設定されているところが多い訪問看護でも、オンコールなどによる手当などもあるため、注意する必要があります。

 

学校保健室

 

学校の保健室に常駐し、生徒の健康管理を行う看護師の仕事があります。多くの場合には契約社員であることや、辞める人が少ないため、人気で条件が厳しい仕事です。

 

契約社員であれば、年収はそれほどではありませんが、正職員として働く場合には、それなりにもらえるところもあります。

 

企業

 

企業の医務室や、コールセンター、相談業務など、企業で看護師として働く仕事です。

 

企業の規模によって、社員と同じ給与であることが多いため、大手企業であるほど給与は高めにある傾向があります。

 

夜勤なし、日勤のみ看護師でも高収入が期待できる場所はいくつかありましたが、条件が厳しい場所や診療科、母体の規模によるなど、一概にはここ!と言えないことがわかったかと思います。

 

最終的には、うまく条件に当てはまるか、穴場を狙ってコツコツと探していくしかないということです。

 

 


新卒看護師の夜勤なしの職場と求人!新人看護師で夜勤なしの職場に転職出来る?

新卒看護師の夜勤なしの職場と求人!新人看護師で夜勤なしの職場に転職出来る?

 

 

新人看護師でも夜勤なしの職場で働ける?新卒看護師の配属先で多いのは?

新人看護師の配属先で多いのは、外科内科などの一般病棟が大半ではありますが、病院によっては手術室やICU、救急外来、放射線科などの特殊業務でも新人から配属になるところはあります。

 

また、なにか事情があった場合には、外来配属となったり、病棟でも日勤常勤というケースも実際にあります。

 

しかし、それは持病があるケースや家庭の事情などのケースであり、夜勤をしたくないから…という理由ではなかなか希望は通らないことが多いです。

 

看護師1年目〜2年目での夜勤なし日勤のみへの転職は可能??

看護師1年目〜2年目での夜勤なし日勤のみへの転職は可能?

 

看護師1〜2年目が夜勤なし、日勤のみへの職場への転職は不可能ではありません。

 

しかし、ただでさえ、夜勤なしの案件は人気でもあるため、選べるだけの案件がたくさんあるとは言い切れないです。

 

1〜2年目での転職となると、いまでも「3年未満の経験は書類選考で落ちる」というところはありますし、職場の若返り計画で逆に若い人が欲しいところでは、1〜2年目でもとっれくれるところはあります。

 

かなり、その職場の方針などによって左右されるでしょう。

 

新卒看護師が夜勤なしで働くメリットとデメリットは?

 

メリットとして考えられるのは、生活サイクルが崩れず身体が楽だということと、精神的な負担も減らせるというところでしょうか。

 

しかし、デメリットとしては、夜勤手当がつかない分、給料が下がる可能性があることや、常勤として扱ってくれない場合などもあります。常勤をやるからには、夜勤をやってもらうのが条件というところもあるためです。

 

また、働ける選択肢が少なくなることもありますので、どちらかというとデメリットの方が多くなるかもしれません。


夜勤ありと夜勤なしの給料差と、夜勤なしの看護師求人の探し方

夜勤ありと夜勤なしの給料差と、夜勤なしの看護師求人の探し方

 

夜勤あり看護師と夜勤なし看護師の給料の差は?

基本的に夜勤手当として支給される額は、三交代制のシフトで準夜勤の場合は4000円前後、深夜勤で5000円前後、二交代制のシフトの夜勤は10,000円前後だといわれています。

 

例えば、2交代で週に1回、月に4回夜勤に入ると考えると、

二交代制⇒10,000円×4回=40,000円
三交代制(準夜勤)⇒4000円×4回=16,000円
三交代制(深夜勤)⇒5000円×4回=20,000円

 

上記が、夜勤なし看護師の給料にプラスされる形となります。更にこの金額が12ヶ月分プラスされると月給だけでなく、年収でいえばボーナスも含めて100万円ちかくも大きく差が開く事がお分り頂けるのではないでしょうか。

 

夜勤がなくなるという事はかなり手取りも少なくなる可能性もありますので、プライベートな時間や家族との時間などを優先するか、給料を優先するかはキャリアを考えるなかでもポイントになります。

 

夜勤なしの看護師求人募集の探し方!

地域のハローワークや、通常の求人広告などを探しても、『勤務希望相談可』など書かれているものもありますが、看護師の仕事をよく知らない人が仲介をしていると「実際に面接に行ってみるとそんな話は全く出なかった」という事もありえます。

 

そこで、”夜勤なし求人”を手っ取り早く探す方法としては、看護師専門の≪看護師求人転職サイト≫を利用するのがオススメです。

 

≪看護師求人転職サイト≫は、ネットから3分程で簡単に登録出来て、様々な転職や復職に関するサービスを全て無料で利用する事が出来ます。

 

では、実際に当サイトで紹介している『優良看護師求人サイト』での、”夜勤なし求人の探し方”をご紹介させて頂きます。

 

看護のお仕事

 

看護のお仕事は全国対応している上に、地域ごとに専任の転職コンサルタントがいるので、地域の病院に関して豊富な情報や求人を教えてもらう事が出来ます。

 

転職成功で転職支援金ももらえるキャンペーンなども開催されているので、求人を探す際には”外せないサイト”です。

 

夜勤なしの求人の探し方は

トップページ中部分の≪看護師求人を詳細検索≫

≪こだわり条件≫の『日勤のみ』にチェック

検索するをクリック

で、簡単に探す事が出来ます。

 

※詳細画像

「夜勤なしの看護師求人の探し方」がイメージ出来る画像02

 

ナースではたらこ

 

ナースではたらこは、楽天リサーチが2015年4月、20〜40代女性にアンケートを行った所、看護師満足度第1位に輝いた実績のある転職求人サイト。

 

求人案件数も日本最大級の9万件の情報を保有し、全国で90%以上の医療機関の情報を網羅している為、希望に合った求人も見つけやすいと評判です。

 

ナースではたらこでの”夜勤なし看護師求人”の探し方は・・・

トップページ中部分の≪看護師 求人をこだわり条件から探す≫

≪特徴で探す≫の『夜勤なし』の部分をクリック

更に詳しい条件を指定し検索するをクリック

こちらをクリックすれば簡単に探す事が出来ます。

 

※詳細画像

「夜勤なしの看護師求人の探し方」がイメージ出来る画像01

 

ナースフル

 

ナースフルは、人材関連のサービスでは有名なリクルートが運営する看護師専門の転職求人サイト。

 

とらばーゆやタウンワークなどでの一般企業への紹介などを合わせて、年間で100万人以上の転職を支援しているだけあって、サービスや対応も充実しています。

 

”夜勤なし看護師”の探し方は以下の通りです。

トップページ開いてすぐ目につく≪エリア・勤務形態・給与から探す≫

≪雇用形態≫を『常勤(日勤)』の部分を選択

検索するをクリック

 

※詳細画像

「夜勤なしの看護師求人の探し方」がイメージ出来る画像03

 

上記のように、それぞれ≪看護師転職求人サイト≫を利用すると、簡単に夜勤なしの看護師求人を見つける事が出来ます。

 

それぞれ利用するサイトのよって、得意とする地域が異なる場合もよくあるので、出来れば上記3つ全てに登録しておく事が、更に良い求人を見つけるコツです。

 

全て登録して求人を閲覧しても全く費用はかからないので、登録しておかない理由がありませんね。

 

夜勤なしの看護師の給料は、基本的に夜勤ありよりも下がってしまう傾向があります。

 

しかし、最後にご紹介したような≪看護師転職求人サイト≫をうまく利用する事で、”夜勤ありの求人のような高給与、好条件な求人”を見つけることも出来ます。

 

今現在はスマホからでもストレスなく登録できて情報を閲覧できますので、求人サイトを有効利用し、是非”夜勤なし高給与”の募集を見つけて下さいね。


「看護師転職サイトランキング!」がイメージできる画像01
「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング1位マイナビ看護師」がイメージできる画像02 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像01 「看護師転職サイト人気ランキング2位ナースではたらこ」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像02 「看護師転職サイトランキング第3位看護のお仕事!」がイメージできる画像01

看護師の給料”夜勤なし”ならいくら?【※年収や求人の探し方も♪】関連ページ

新卒看護師の病院以外の転職
新卒看護師が就職する先や、1年以内に転職する場合、病院以外で働けるか?と言う点は気になる所です。病棟以外で働くメリットやデメリット、働き口や転職についてをまとめています。もしあなたも新卒の看護師で、今後就職や転職を考えているなら、是非一度目を通して見てくださいね。
看護師のキャリアアップまとめ
昇給しにくいと言われる看護師ですが、ある程度の年数働いているとキャリアアップも考えたくなります。今回の記事では看護師のキャリアアップに関して、転職した方が良いのか?また資格は取得した方がいいのか?などについてまとめてみました。近い将来キャリアアップを考えているようなら、是非目を通しておいて下さいね!
新人看護師とプリセプター
新人看護師が早く仕事に慣れる為にも重要なプリセプターシップですが、中にはプリセプターさんと合わずに悩む新人看護師も少なくありません。ミスを無くし安全に看護業務をこなす上では欠かせないこの制度ですが、プリセプターと合わない場合はどうすればいいでしょうか?そのまま我慢すべきかは迷う所だと思います。今回はこの新人看護師とプリセプターの関係について紹介していきます。
看護師の夜勤専従まとめ!
看護師の中でも家庭の事情などにより夜勤専従の働き方を検討する人も少なくありません。ただ、今まで日勤常勤で働いていた場合などは、夜勤専従に求められるスキルがわからなかったりします。今回はそんな夜勤専従看護師の仕事について、回数や給料、求められるスキル、求人の探し方についてまとめてみましたので、ご参考下さいね。
看護師の休みについて!
看護師の休みに関してはある程度の回数は確保されているものの、未だに小さな個人病院などは労働基準法に違反したような働き方をしている所もあります。普通に働いているとそれが常識にように思えますが、周りの病院を見るとそうでない場合もあります。今回は、看護師の休みについて、平均的な回数や連休の取り方などについてまとめてみました。もし今現在の休みの回数やシフトに納得がいっていないようでしたら、是非ご参考下さいね。
管理職の求人の探し方は?
看護師の管理職に関しては、中々昇給しない職種と言う事もあり、転職の際に自分で探すとなると中々うまく見つける事が出来ません。そこで、実際に管理職の求人の探し方についてまとめてみました。今現在管理職で同じような条件で転職したい場合や、既に管理職の資格を持っていて、違う職場に転職したい場合などは参考にしてもらえればと思います。
転職の際の通勤時間の目安
毎日忙しい看護師にとって、通勤時間は大切な長く勤めるにあたっては重要な要素となります。では通勤時間の目安としてはどれぐらいが良いでしょうか?また、遠い場合の限界やデメリットは?などについてまとめています。今後転職する事を考えても、通勤時間に関してはしっかりと把握しておく方がいいので、是非チェックしてみてくださいね。
看護師2年目での転職まとめ!
看護師2年目で転職は不利に働きそうに感じますが、実際の所はどうなのでしょうか?1年目を乗り越えても2年目で辞めたくなる看護師は沢山います。今回はそんな入職2年目の看護師の転職についてまとめてみました。今現在2年目で、辞めたいと感じているなら是非チェックしてみてくださいね。
看護師3年目の転職と給料
看護師3年目ともなると、様々な理由により辞めたいと考える人や、他の病院への転職を考える人も出てきます。ただ、実際にそこで転職するという行動に出れるかは、本人の意思次第・・・。そんな時に他の看護師の転職理由や給与面に関して知っておくと参考になるかもしれませんね。
看護師4年目の転職と給料
転職を考えたり、悩みが多くなる時期として看護師4年目を上げる事が出来ます。毎日の業務の幅も広がる上に昇給しない事も多く、悩んでいる人も多く転職を考えている人も少なくないようです。そこで当記事では、4年目の看護師の悩みと転職についてまとめました。今現在4年目の看護師で、悩みを抱えているなら、是非一度ご参考頂ければと思います。
看護師5年目の悩みと転職
看護師5年目ともなると、新人の頃とは違う悩みも沢山出てくるので、転職を考える人も少なくありません。そんな時に疑問に思う、退職金の事や、他の5年目の看護師の給料、転職理由などについてまとめてみました。今現在看護師歴5年目で、今後転職を考えているなら是非目を通してみてくださいね。
看護師6年目の退職と転職
看護師になって6年目、結婚ややりたい分野などがみつかり転職や退職を考える人も増えてきます。今回はそんな6年目の看護師の辞める理由や給与、転職についてをまとめてみました。あなたが今現在看護師歴6年で、転職を考えているなら、是非一度目を通して頂き、今後の参考にしてもらえればと思います。
看護師7年目の転職と給料
看護師7年目ともなると一般的には中堅看護師と呼ばれ、院内でも頼りにされているのではないかと思います。そんな7年目の看護師でも転職や退職を考えるときはありますし、日々の業務の中で色々な悩みも出てきます。今回の記事ではこの7年目の看護師の転職と悩みについてをまとめました。もしあなたが該当するようでしたら、是非目を通して頂き、参考にして頂ければと思います。
看護師の妊娠と転職!
既に結婚していて、子供が欲しくて妊娠したいと考えていても、中々妊娠しない場合もあります。その場合、看護師として働いているのがいけないのか?働き方を変えたり、安静にすると妊娠しやすいのか?と言うのは気になる所です。そこで、今回の記事では、看護師の妊娠と転職に関して調査しまとめてみました。もし今現在妊活中で、働き方に関して悩んでいるなら是非参考にしてくださいね。
看護師の腰痛と転職!
看護師で腰痛に悩んでいる人も多く、うまく付き合って行かなければ仕事にならない事もあります。しかし気をつけていても痛みが取れない場合、転職した方が良いのか?等も考えてしまうかと思います。そこで今回は看護師の腰痛と転職に関してまとめてみました。もし今現在ひどい腰痛に悩まされていると言う場合には是非参考にしてもらえればと思います。
自信がない場合は転職すべき?
看護師の仕事をしていく中で、ミスが続いたり、中々仕事を覚えられずに自信を無くしてしまう事があります。そんな時には転職すべきか?そのまま頑張って続けるべきか?は悩んでしまう所です。そこで今回は≪自信のない看護師≫についてをまとめてみました。自信喪失のきっかけや転職した方が良いケースは?など気になる点をまとめてみました。
男性看護師が辞めたい理由
女性社会の看護師業界において、比率が少ない男性看護師は色々な悩みを抱えて仕事をしている人も少なくありません。そんな男性看護師が辞めたいと思う理由や、オススメの転職先に関して今回はまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてくださいね。
給料の高い病院の探し方
今現在の給与に不満がある場合や、何かの理由で転職しなければならなくなった時、今より給料の高い病院へ転職したいと考えるのが普通です。そんな時どのように転職先を探せばいいでしょうか?こちらに関してまとめてみました。
転職に迷う看護師の悩み
転職を考える看護師は多いですが、決断する時には色々な原因により迷ってしまいます。今回はそんな”転職に迷う看護師”に注目し、その原因や前向きに転職する為の方法などをまとめてみました。
新人看護師にオススメの科
新人看護師でも、希望していた所と違う部署に配属されたり、周りの先輩や上司と人間関係がうまく行かずに転職や部署異動を考える事もあります。そんな新人看護師に向けて、新人でも異動希望は通るのか?また転職するならどんな科や病院がオススメなのか?などについてまとめてみました。
看護師の他業種への転職
看護師として働いていると、『もう看護師なんてやってられない・・・他の仕事にうつろうかな・・・』なんて考えてしまう事もあります。では実際に看護師が看護師以外の他業種へ転職すると言う選択は、今後の事を考えて”あり”なのでしょうか?こちらに関して今回はまとめてみました。
在職中の転職について
看護師をしながら転職活動を行ってみるものの、中々良い転職先が見つからないと言う事もあります。その原因や在職中の転職活動のコツなどについて今回はまとめてみました。もし今現在転職を考えているのに転職活動がうまくいかないと悩んでいる様なら是非参考にしてくださいね。
総合病院からクリニックへの転職
今現在総合病院で働いている看護師も、色々な面で不満を感じ、クリニックなど個人病院への転職を考える人も多いようです。そこで今回は総合病院とクリニックの違いや、転職する事のメリット、デメリットについてまとめてみました。もしクリニックへの転職に興味があると言う事なら、是非参考にしてくださいね。
看護師の第二新卒まとめ!
新人看護師として働きだしても、様々な理由で一旦退職し、後ほど第2新卒として看護師への再就職を考えると言う人もいます。今回はそんな第二新卒の看護師さんに向けて、求人の探し方や志望動機の書き方などをまとめてみました。
看護師の始めての転職まとめ!
看護師として初めて転職を考えた際には、何からすればいいのか?どうやって次の病院を探せばいいのか?と言うのは迷ってしまいます。そこで今回は、看護師の初めての転職に役立つ情報や求人の探し方、転職成功の秘訣などを紹介していきます。
シングルマザー看護師の夜勤
離婚を経験したり未婚であるシングルマザー看護師にとって、子供との生活や夜勤に関しては悩んでしまう所ではないでしょうか?今回はそんなシングルマザー看護師に役立つ情報をまとめてみましたので、是非参考にしてくださいね
管理職の悩みとストレス
管理職につく看護師について、今回は毎日抱える悩みやストレス、今後の対処や転職についてをまとめてみました。今現在管理職についていて悩んでいると言う事なら是非参考にしてくださいね。
暇がない職場と暇な職場
常に忙しいイメージのある看護師ですが、職場によっては忙しくなくて暇をもてあましている人もいます。今回はそんな忙しい職場と暇な職場を比較してみました。今後転職を考えている場合の人はどっちがいいのか?是非参考にしてくださいね。
病院見学で見るべき3つのポイント
看護師が転職する際には転職サービスの利用と、病院見学が必須だと言われています。今回はそんな転職を考えている看護師に向けて、病院見学をする際の見るべきポイントをまとめてみました。是非興味がある方は参考にしてみてくださいね。
病院以外の転職先まとめ
看護師と言えば病院勤務が当たり前の様に感じてしまいますが、もちろん病院以外にも勤務出来る場所は有ります。今回はそんな病院以外の転職先についてまとめてみました。
看護師の転職先病院選び!
看護師の転職先病院選びに関して、今回は教育プログラムや研修制度の充実した転職先に関してまとめてみました。もしこれから転職を考えていて、こういった教育プログラムがある所を検討していると言う事なら是非参考にしてくださいね。
働きやすいと感じる病院
どうせ転職するのであれば、出来るだけ働きやすい職場で働きたいと考えるのが当たり前。ましてや人間関係が悪い事も多い看護師と言う職業に関しては特に言えます。そこで今回は看護師が働きやすいと感じる病院に関しての特徴や、転職するならどんな所がいいか?についてまとめてみました。
失敗しない転職のポイント
次の仕事場では、と決意して転職してもまた同じ様な失敗を繰り返してしまう看護師もいます。逆に転職に成功して自分の望む職場で働ける看護師もいます。この転職の失敗と成功を分けるのは?転職に失敗する人成功する人の特徴や、転職をする時のポイントをまとめています。転職に失敗したくない看護師は是非参考にしてください。
転職時期はいつがいい?
看護師の方が転職を考えた時、転職するべきタイミングと転職してはいけないタイミングがあります。タイミングを外すと良い転職先に出会えなかったり、退職のトラブルにもなりかねません。看護師のベストな転職時期や退職のタイミングなどについてまとめています。
美容皮膚科への転職
「美容皮膚科は給料が高く、夜勤がない」という事で一度は転職を考える看護師も多いのではないでしょうか。看護師が美容皮膚科へ転職する事のメリット・デメリットや美容皮膚科の看護師の給料相場、美容皮膚科への転職の探し方などを詳しく紹介しています。美容系の病院への転職を考える看護師の方は是非参考にしてください。
転職は直接病院へ行くべき?
看護師が転職する時直接病院に応募する方が採用率が高いのでしょうか。それとも転職サービスを使った方がより良い求人を見つける事が出来るのでしょうか。病院へ直接応募する時のメリット・デメリットや転職を成功させる為のポイントなどを紹介します。転職を考える看護師の方は是非参考にしてください。
看護師の転職活動のポイント!
今の職場に不満があって転職を考えているけど、忙しくて転職活動を始める事が出来ない、転職したいけどどのように転職活動をすれば効率的?とお悩みではありませんか?看護師の転職活動の期間や効率的な方法、退職の流れなど、転職に成功するポイントをまとめています。転職活動に失敗したくない方は是非参考にしてください。
日勤のみの給料や休日について
家庭の都合や体力的な問題で夜勤を避けて、日勤のみの職場で働きたいと考える看護師も少なくありません。日勤のみの場合気になるのはその給料です。夜勤手当がつかない分かなり少なくなるのでは?と不安に思う方もいるようです。日勤のみの看護師の給料や休日、土日休めるのかなどについてまとめました。
ケアミックス病院で働く看護師の業務!
今回は看護師の中でもケアミックス病棟で働く看護師にスポットをあてて、その業務内容や働くメリット、求人の探し方や転職方法についてご紹介していきます。ケアミックスに興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。
看護師と介護士の比較まとめ!
介護施設などにおいては、看護師と介護士が同じ職場で働くことがありますが、今回は両者の給料の違いや業務の境界線などをまとめてみました。介護施設で働くことの興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。